かてきょManual

よい家庭教師とは?

良い家庭教師ってなんだと思いますか?指導できる力を持っているのが基本ですが、努力家で真面目で礼儀正しく誠実な人であることは大切ですが、残念ながら中には、指導力が無かったり、指導中に携帯電話で話したり、不適切な態度によって関わる家庭教師もいるのです。

良い家庭教師というのは授業にやる気が出ることを行います。やる気がでる授業で普段学校で不足している受験に対する意欲や学習理解をより深め、本来持っている学ぶことに喜びを知る姿勢が実力とやる気を大きく伸ばすのです。

また、良心的なシステムも大切となってきます。希望をする科目の指導力があることや希望する受験校などに近いレベルの合格実績があるのかも大切となります。また、自宅と家庭教師の家との距離も近いことも重要となってきます。片道で1時間以内が目安となります。

家庭教師は塾や学校とは違って家庭教師との相性が大切となってくると思います。家庭教師を選ぶ際にはよく考えた上で決めましょう!。

良い家庭教師の質

良い家庭教師の質とは、バイトでしている大学生がどこまでの意欲によって教えてくれているのかというところが問題となってきます。いくら頭が良い大学を出ていても、教える側に教える熱意がなければ何の意味もありません。家庭教師はアルバイトと言って、決して手を抜いたりしないそんな熱意を持っている家庭教師が望ましいと言えます。受験生には受験生なりの悩みがあるものです。その悩みを自分の受験時代の経験でアドバイスしてあげたり、悩みを聞いてあげる家庭教師は勉強以外の面でも信頼できますね。

でも、受け持つ生徒からの質問がない以上、色々と教えていくことがないのが家庭教師のようです。

受験対策に家庭教師を依頼する家庭もありますが、学校の授業で補えない科目があるから、その不足している部分を家庭教師で補おうとすることが一般的のため、子供側からすると、何を聞いていいのかが分からないという状態となっているようです。こういった意図をくみ取れるのも良い家庭教師の見本ではないかと思います。
子供の方でも人がいないと勉強しないので、せめて家庭教師を呼ぶとそのときぐらいはしっかりと勉強してくれるんじゃいないか、と考えている人も少なくないでしょう。

でも、その様な考え方だと高い月謝を払って家庭教師を付けても無駄になるケースもあります。家庭教師を選ぶ前に子供の状況や志望校・今の受験の事情なども良く理解した上で家庭教師を付けましょう。では、家庭教師を選ぶとなるとどのようなポイントに注意して選ぶといいのでしょう・・・。詳しくは下↓をご覧下さい。

Favorite

加藤行俊のツイッター

Last update:2017/8/24